>

男子たちはいつも風俗で気持ちよくしてもらっていた

昔の吉原にタイムスリップ

少しの間集中してください。
なぜなら、今からあなたは1834年にタイムスリップするからです。

時代は「江戸」
翌年に日本には忘れることのできない出来事が起きます。
そう「ペリー来航」です。
横浜にやってきた数隻の黒船は、日本に大きな衝撃を与えます。
時代の変わる衝撃をです。

そんな出来事の前年に、あなたは夜吉原に出かけることになります。
あなたはもちろん「侍」です。
なぜかって?
武士でないと「吉原遊郭」では遊べないからです。

しばらく歩くと、ぼうっとした薄い赤色をした街が見えてきます。
そこが吉原です。
なんだかムードのある明かりです。
どこかはかなげで、そして妖美で。

あなた好みの女性をさがしましょう。
「顔見世小屋」でさがしてもいいですが、できればお店に入ってからゆっくりさがしましょう。
一夜の夢をあなたはそこで見ます。

現代の吉原で遊ぶための注意点

注意!「営業時間は24時までです」
現代の吉原は、時間をきっちり守った風俗街へと変貌しています。

東京の有名な風俗街といえば、どこがでてきますか?
おそらく一番出てくる名前は「新宿歌舞伎町」でしょう。

しかし、現代の吉原も忘れてはいけない風俗街となっています。
吉原は江戸時代に作られた公認の風俗街です。
しかし明治時代になっても現代になっても生き残っているのです。

歴史のある街、気になりますよね?
簡単にガイドをしましょう。
ですが、最初に書いてあるように、営業時間がありますのでその点は注意して遊んでください。

場所は「東京都台東区」
江戸時代にあった数々のルールも今はなく、非常にオーソドックスな風俗街となっています。
ただお店には歴史を彩った物も多くあり、雰囲気込みで楽しむことができるでしょう。

正直時間に制限もありますのでネットでの前調査が必要だと思います。
さあ、検索してみましょう。


この記事をシェアする